• 化粧水の効果と必要性

    スキンケアの基本となる化粧水ですが、一般的なイメージだと肌を潤すとか肌の水分補給をする為につけていると思われがちです。

    でも実は潤いは「つけたその時だけ」で、肌に水分が浸透するわけではありません。

    化粧水の効果がさらに話題になりそうです。

    ただ蒸発していくだけで、ほとんど意味がないです。



    では化粧水をつける本当の効果とは、肌や角質層を整える為で肌の状態を良くすることです。

    今やスキンケアとは化粧水と美容液やクリーム等を併用して使用するのが主流になっていますが、まず化粧水で肌の調子を整えて、肌に必要な成分を浸透しやすくさせます。そしたら、美容液やクリームなどでしっかり保湿をするのが効果的です。

    更にメリットを挙げるとすると、化粧ノリが良くなったり美容液などが塗りやすくなる、使わない場合と比較すると肌が落ち着いているとか洗顔後の肌の調子も変わってくることです。



    最大の効果は美容液などの浸透力を高めることなので、自分の肌のお悩みに合った美容液などを使用することで、その効果を高めるサポートをする役割があります。

    中には化粧水は使わなくてもいいという専門家の意見もあって、これを「肌断食・美容断食」と呼ぶそうですが、この問題には決着がつきません。

    最近は種類も豊富になりましたし、使った後の肌の状態が良いからこそ使い続ける人達がたくさんいます。

    覚えておきたいのが、美容断食は肌に十分な水分がある場合のみ効果があることです。

    年齢を重ねるとともに肌の水分量も皮脂も減っていくので、歳を取ったら必ずスキンケアは欠かさないように心掛けましょう。