• 化粧水の効果を高める

    化粧水は自身の肌に合ったものを使う必要があります。
    その効果を高めたいという場合、正しい使い方を知っておくことが大切です。


    このアイテムの使い方は一つだけではありませんし、人によって最適な使い方が変わってきます。
    また、使い方によって効果の出方が変わってくることも知っておきましょう。

    ハンドプレスとは手で化粧水をつけるという方法です。

    役立つ化粧水の効果情報サイトをご利用下さい。

    この方法は肌に優しく、成分の浸透力を高めることができると言われています。


    まず手にとって掌に密着させてから肌に押し当てることになり、部位ごとに化粧水を手に取って手のひらで密着させて肌に押し当てる工程を繰り返しましょう。



    押し当てる際には10秒以上肌に手を密着させることがポイントです。


    これを部位ごとに繰り返すので時間はかかりますが、丁寧に行うことで肌をきちんと保湿することができます。



    ちなみに、人によってはこの方法が合わないこともありますし、肌によくないものまで浸透させてしまうこともあるので注意審コットンを利用した化粧水の使い方はパッティングとパックという2つの方法があります。
    パッティングは適量をコットンに取り、肌の中心から外側に向けて馴染ませていきます。
    力を入れすぎたり、固いコットンで行うと肌を傷つけてしまうことがあるので注意しましょう。
    パックの方法は水で濡らしたコットンの水分を絞ってから化粧水を適量つけ、コットンを3〜5に裂いてパックにするというものです。

    パックの時間は3分程度が良く、それ以上行っても効果がアップすることはありません。